サイト

サイトの改善活動【A/Bテストで繰り返し行なうのが成功に繋がる】

条件を揃える

サイト

ユーザーにとって見やすいページやサイトに改善していくA/Bテストを行なう際は、しっかり条件を定めておく必要があります。というのも、テスト実施の期間や条件が常に変動している環境では、正確なデータを出すことができず、改善の判断がつかないからです。特に期間がズレると、対象となるユーザー数が変わってきます。また、季節的な訴求を行なう際にA/Bテスト期間がバラバラになると、その効果が薄れます。つまり、せっかくテストを実施しても、正確な検証ができないまま無駄になってしまう恐れがあるわけです。効率よく進めてサイトを改善するために、条件を揃えることを念頭におきましょう。

ユーザーを対象にして行なわれるA/Bテストでさらに注意しないといけないのは、ファーストインプレッションであまり違いが見分けられないものをテストすること。企業側で見た時には微妙な文言の違いであっても、ユーザーから見たらほとんど一緒のA/Bテストも意味がありません。それに、その結果を元にした改善は、そこで活かされたとしても次に活かせる材料にならないでしょう。テスト自体を効率良く進めていくことを考えるのであれば、明確に差をつけることがポイントです。

また、システムを導入してテストを進めていく上でしっかりアドバイスを受けたい場合は、Webコンサルティングを受けながら実施していくといいでしょう。コンサルティングサービスを受ければ、効果的なテストの題材や運用方法が見つかります。それに、サイトの反映に関するコツも教えてもらえるので、安心して取り組めます。