サイト

サイトの改善活動【A/Bテストで繰り返し行なうのが成功に繋がる】

キャッチコピーがカギ

女性

ニーズに合わせて訴求を変えていくことは、広告において最も必要とされることです。時代の移り変わりは早く、商品やサービスだけではなく言葉自体も古い・新しいがあるので十分気をつけておかないといけません。A/Bテストは、このあたりにも特化してサイトを改善できるようになっており、デザインからレイアウト、キャッチコピーまであらゆるテストを行なえます。特にA/Bテストではキャッチコピーの結果ははっきり出やすい項目であり、ユーザーの関心度が高いところが見えてきます。それは、キャッチコピー自体が一番目立つ場所に反映されているからであり、そこからページに進むか離脱するかのアクションが分かれやすい部分だからでしょう。つまり、A/Bテストを実施するなら、必ず一番大事な訴求を行なうキャッチコピーのテストは必須になります。

A/Bテストは、結果を見てそのまま反映すればいいものではありません。むしろ、1回だけの結果だけでは本当にそれがベストな状態であるかどうか、判断できないからです。ここは、同じ項目のA/Bテストであっても、回数を重ねて実施することが大切であり、常に新しい案と比較して選ばれているかどうかを見ます。これは、キャッチコピーだけではなく、デザインやレイアウトでも同様に必要なので、ある程度の検証を行なう予定で進めていく必要があるでしょう。時間と手間がかかりますが、このテストでユーザーのクリックを高める結果を生み出し、ユーザーが求めているサイトに近づける改善活動となります。