ウーマン

サイトの改善活動【A/Bテストで繰り返し行なうのが成功に繋がる】

設計が肝心

男性女性

サイトの最適化を行なう為に実施されるA/Bテストは、AとBの両方を比較してどちらのサイトが良いかを判断する指標が見えるものです。デザインやテキスト、さらにボタンなどの比較を行ない、その結果を元にサイトを変更していくことで、改善効果が得られるようになっています。このA/Bテストを実施することが多いのは、ランディングページ。1商品をメインに訴求しているランディングページは、いかにユーザーがページをクリックして商品購入に繋がるかがポイントです。ですから、ファーストビューで離脱してしまうのを防ぐために、ページのテストを行ない最適化する必要性があるのです。

A/Bテストを実施する際に重要なことは、まずテストの設計書をしっかり作りこむことです。A/Bテスト自体は様々なメーカーが提供しているシステム内ですぐに実行できます。ただ、闇雲にテストをしても、改善結果に基づいた効果が得られるわけではありません。設計書を作れば、段階的にテストを進めることができるので、どのポイントをどのように改善するかが見えてきます。これが次のランディングページづくりにも繋がっていくので、同じターゲットでカテゴリの商品ページに活かすことができるでしょう。また、A/Bテスト自体は、多くのデータを獲得した上で検証することがポイント。少ない検証ではAかBかどっちが良いかを判断するのに不十分な結果となります。無駄な検証になってしまわいよう、ページへ落としこむための計画を立ててから進めていきましょう。

サイトでアピール

ABテスト

サイトを最適化するのに最適なA/Bテストは、インターネットユーザーの獲得や購入に繋がることから人気があります。特に既存ユーザーは興味を示しているので、購入の動機付けを行なうステップとして活用できます。

詳しく読む

キャッチコピーがカギ

女性

ニーズに合わせたサイトづくりを行なうには、A/Bテストの実施は必須です。特にユーザーのクリックや購入にも関わるキャッチコピーの改善は、何度もテストをして最適化することが大切です。

詳しく読む

条件を揃える

サイト

ユーザーにとって分かりやすく見やすいサイトにするA/Bテストは、条件を揃えた上で分かりやすい比較にする必要があります。効果的に取り組みたい場合は、コンサルティングサービスを利用してみましょう。

詳しく読む